教育理念

 

世界の未来を担う子どもたちの心と身体を豊かに育む

世界は今まで以上に狭くなっています。広い視野、柔軟な心を持ち、たくさんの人と関わりながら育っていけるよう、幼少期から心と身体を豊かに育むお手伝いをします。楽しく笑い、一緒に走り、たまにはお友達とぶつかり、先生に叱られ、また笑い、と盛りだくさんのひまわりでの園生活はきっと子どもたちの心にずっと残ってくれるはずです。

 

趣深い日本文化をアメリカに住む子どもたちに継承する

アメリカで暮らしていると、「あれ、今日は節分だったの?」なんてこともあるかもしれません。素晴らしい日本文化を子どもたちに伝えていくお手伝いを、ひまわりでは力を入れて行っております。季節の行事はもちろんのこと、美術工芸や伝統文化なども紹介します。

 

日本を離れて暮らす者同士の憩いの場、助け合いの場を提供する

マイノリティの仲間としてアメリカで育っていく子どもたちには、アイデンティティの確立が大切と言われています。幼児期から日本人としてのルーツを体感し、プライドを持つことにより、芯のある心を持って成長していくことができます。このように、普通の子育てとは違う環境にあることを認識しながら、保護者も助け合える場所になればと願い、教育理念のひとつとして掲げています。

 

コミュニティーとの繋がり

教育理念とは離れますが、園の設立理念として、コミュニティーとのつながりの大切さも掲げています。祖国を発ち、家族や友人と離れて生活している者同士、困った時や寂しい時は助け合っていきたいという強い思いから、ひまわり幼稚園では横の繋がりも大切にしています。毎夏の同窓会ピクニックや、かの大震災後に皆で行ったバザーの成功がそれを物語っています。またシアトル近郊の日本語教育機関や専門家との交流も深めています。